神経症や鬱病にも。アロマのちから

こんにちは まぐです。

 
よく使いますよね。「癒し」って言葉。

今から約20年ほど前から、「癒し」と言う言葉がやたら使われるようになりました。
その頃から 〇〇セラピー 的なものが増え始めたように思います。
動物セラピー、カラーセラピー、
アロマテラピーもそのうちの一つですね。

 
鬱で精神科に通っていた知り合いが もう薬に頼るのは嫌だと言い出し アロマテラピーの勉強を始めたのがきっかけで
私もアロマテラピーと言うものを知りました。(それまで知らなかったというヤツです)
 
しかし近年私も鬱らしき?ものになった感じで 一応アロマの検定は受けて有資格者だし せっかくなのでアロマを有効活用してみようかと。
 

この頭のぼやけた感じは 鬱なのか ブレインフォグなのか 両方なのか、そこはナゾなのですが
(多分両方だと思われる)
何が鬱に良い精油なのか 自分が香りをかいで なんの香りをかいだら幸せな気分になるのか。

 
教科書通りに言えば、オレンジ・ベルガモット・レモンと言った柑橘系が鬱や神経症に効果的。
今から数十年前にイタリアの研究者がこれらを発見したそうです。
 
柑橘系は実においしそうな香りで幸せな気分になれそう。
そう、きっとこの「幸せな気分」ってのが、大切なんだろうな。

私はベルガモットやフランキンセンスの香りが好きで、それらの香りがブレンドされた精油を家に一つ置いてます。
(※ベルガモットやレモン、グレープフルーツ精油は光毒性があります。
 
好きな時に香りをかぐために。

今 私が使っているのはこのタイプ。
この中には ホーウッド、真正ラベンダー、スイートマジョラム、ベルガモット、コリアンダー、フランキンセンス、グレープフルーツなどなどがブレンドされております。

そこそこ気に入っている香りです。

これにプラス、練り香の「きをと」を使ったりします。(過去記事こちら→アロマとクリーム香嗅覚の話
「きをと」は 白檀の香り。

これがたまらなく いい香りなのです・・・(*´ω`*)
モノスゴクスキ。

 
白檀は、サンダルウッドともいわれます。
作用は 気持ち・精神を鎮め、心を安定させたりします。
古代より、宗教儀式や瞑想に用いられてきたそう。

とっても、いい香り。タンスにしまって 衣服にこの香りを染み込ませたい。
パソコン作業する時手首につけてみたり、寝る時に、鼻の下にちょっと塗ると、寝ながらいい香りがします。(かぶれる人もいるかもしれないので、かぶれるかかぶれないかパッチテストをしてくださいね。)

鬱に効果あり、ていう言葉はアロマの本には書かれていませんが 心を落ち着かせてくれる点では 心が不安定な時とかいいかもしれないですね。

 
 
個人的に好きなのは、ネロリ精油。

オレンジのような香りで、気分を明るくしてくれる作用があるそう。
17世紀のイタリアのネロラ公妃の名前にちなんで ネロリと呼ばれるようになったそうです。

このネロリ、たくさんの花から少ししか精油が採れないらしく とても希少で高値。
なので、なかなか手が出ません。いい香りなんだけどなあ。

 
そして、もう一つ、家に常備しておいたほうがいいかな、と思う精油がクラリセージ

クラリセージは、スクラレオールと言う特徴的な成分が含まれていて
これがホルモン分泌を調節してくれる作用があります。
このクラリセージの香りをかぐことで嗅覚が刺激されるのと、精油の成分がホルモンの構造と似ているのとで
体内でホルモンに作用してくれるようですね。
 
私はホルモンバランスを崩しやすい体質で 雨の日にはすぐ自律神経のバランスをくずし気分を落としやすく
妊娠すると 出産までずっと食べられない悪阻がきつかったり
出産後は足が象さんのような足になってパンパンで(妊娠中のホルモンから普段のホルモンに切り替わるためホルモンバランスが大幅に崩れる) 出産後退院する時も病院から家まで スリッパ履いて帰りまして。靴に足が入らない💦

妊娠の度、こんなんでした。
なんせホルモンバランスを取るのがとても苦手な体質のようです。

 
これから更年期の年代に突入していくことも考慮して、お薬も更年期使用の漢方を飲みだしました。(低気圧で体調不良がひどく、病院に行ったら処方してくれた。過去記事はこちら→お腹の張りと体調不良ひどすぎてやむなく通院

なので、クラリセージは私に必要な精油なんじゃないかなー。

近々買ってみるつもりであります。

 


 

アロマとクリーム香、嗅覚の話。

こんにちは まぐです。

今日はどうも、気分がだるくて アロマを嗅ぎながらのパソコン。

先日記事にした後、買ったアロマオイル。(こちら→)
結局、家にあったオイルだけでは少なくてすぐなくなりそうなので買い足しました。
今回購入したのはこちら。

色々と、ブレンドされた香り。
このブレンドアロマには 
グレープフルーツ
スイートマジョラム
ベルガモット
真正ラベンダー
フランキンセンス
ホーウッド
コリアンダー
がブレンドされていると書かれています。

好きな香りばかり・・・(*´ω`*)
そして、抗うつ作用のあるアロマのブレンド。
グレープフルーツは食欲抑制効果があるらしいけど、私にはあまり効果なさげ。(*´з`)

ちょこっとティッシュに垂らして香りを楽しみながら パソコンぽちりぽちり。

他にもネロリの香りも好きですが、ネロリはちょっと高値なのでなかなか手が出ませんね。

そしてもうひとつ いい香りのモノを傍に置く・・・じゃなく、ふんわり香らせる。
香クリームと言われるモノ。てのこうに塗り込んで、甘く優しい香りが心を穏やかにします。

練香水。白檀が心地よい香りを漂わせてくれます。

香りってダイレクトに脳に届く感じ。
視覚や聴覚などの場合、視覚野・聴覚野という一次中枢が大脳新皮質にあり、ここで見たり聴いたりしたことを認識したのちに大脳辺縁系へ刺激が伝わります。嗅覚以外の感覚は間脳の視床を経由して脳内のそれぞれの場所へ伝達されるのです。
嗅覚だけは、視床を経由せずにダイレクトに大脳皮質の前頭葉の嗅覚野と側頭葉の辺縁系に伝達されます。
進化的理論で言うと大脳辺縁系は脳の最も古い部位のひとつで、魚類ではすでに辺縁系を持っていたと言われています。
進化するとともに大脳新皮質が辺縁系を取り囲むように成長をとげ、今に至ると言われています。
嗅覚は、人間の進化において 五感の中でも早期に発達した「原始的」とも言われる感覚。

なんか、嗅覚って特別な感覚だなあ、と思う。
人間の感情とか、情動の部位も大脳辺縁系にある。
嗅覚と情動って、切っても切り離せない感じがします。

アロマテラピーって不思議。
香りって、嗅覚って 神秘的。

 


 
 

自然の香りで癒される

こんにちは まぐです。

先々週、とても体調が悪く 明日はもう仕事も無理かも
なんてこと考えてまして。(実際は休まず出勤しましたが)

その時に お医者様にかかったりサプリメントを使用したり
自律神経を整える効果のあるCDを聴いてみたり・・・
でも 全く効果はなくて そんなときふと思い出したこと。

あ。エッセンシャルオイル、うちにあったよね・・・

引き出しをあさってみると とりあえず出てきた
ゼラニウムベルガモット

お、あるじゃん、あるじゃん♪

どちらも、心に作用してくれるエッセンシャルオイルです。

あ、私一応 アロマ検定の試験は受けてまして
資格は持ってるんです、うふ。
資格を持ってても、宝の持ち腐れと言うかなんと言うか
全く役に立てておりませんがね。

一時 自然派な物に憧れましてね。

今は 手作り化粧品を作る程度です。それも基礎化粧品のみ。

それでも 鬱っぽい自分の為に、家に常備しておいたんだった、忘れてた、ゼラニウムとベルガモット。

今の自分の症状に手っ取り早そうなのはゼラニウムの方かな。

ゼラニウムはよく虫除けに効果があると知られています。
人体的には 心と身体の両面に対してバランスを整えてくれます。
ストレスからくる 緊張もほぐしてくれます。

ちょっと渋めの独特なローズっぽい香り。
頭にガツンと届きそうな香り。

早速 ティッシュに数的垂らし、枕元において 香りと共に眠りにつきました。
次の日も、ティッシュに香り付けをして そのティッシュをポケットに入れ、時々その香りを嗅ぎながら 仕事をしました。

そうこうしてるうちに だいぶ体調も整ってきたようです。

ダイレクトに、効いた!!という感覚はないけれど、
効いてるのかな?心地いいな。
それくらいの感覚なのですが あの体調不良は乗り越えました。

すっかり忘れていたエッセンシャルオイルの存在。

これからは身近に置いて、もっと活用していきたいと思います。

※補足。ベルガモットも、心のバランスを調整してくれる香りです。
シトラスっぽい香りで、主に鬱に効果があります。気持ちを明るくする作用があります。
ただ、光毒性というものがあり、皮膚につけたりしてその部分が紫外線に当たると、火傷のような皮膚炎を起こしますので 注意が必要です。 

エッセンシャルオイルを購入、使用するときは
前もって オイルの効能、注意を調べて
購入・使用しましょ。