昔 下剤依存を克服したときの話

スポンサーリンク

こんにちは まぐです。

私が 以前 下剤依存だった時

それを克服したくて行った やり方を
ここに綴っておきたいと 思います。

初めて 下剤を飲んだのは 21歳の時。

中学生の頃 少し太ったのがきっかけで 急激なダイエットを
したとき、元々は いい腸内環境だったのに
栄養失調で 便秘症になってしまいました。

21歳の頃に 知り合いが
「母が 便秘気味で よくセンナ茶飲んでるよ」

と言う話をしていて、へえ!っと、私もセンナ茶
飲んでみようかな、と 初めて 薬局でセンナ茶を
買いました。

センナ茶は面白いくらい するすると出てくれて、快感を覚えた私。

毎日、毎日 飲むようになりました。

そのうち、もっともっと、と
お腹をもっとすっきりさせたくて
中学生の時の 急激ダイエットのリバウンドで
ぽっちゃり体型になってしまった私は

センナを飲むことで ぽっこりお腹が
ペタンコになる快感にドはまりしてしまい、
毎日 めっちゃ濃く煮出して 飲んでました。

しかし、それから10年程たった時のこと。
4人目の子どもを流産したとき
センナのせいじゃないか?と 主人に責められ、
ものすごく 後悔の念に押しつぶされそうになりました。

もちろん、センナだけのせいでは ないのです。

センナ飲みながらでも ちゃんとそれまでは
元気なこどもを 出産してましたから。

けど、全然 センナは 関係ないって保証もなく
センナ やめよう。
そう思いました。

10年以上 センナに頼って便を排出してたわけですから、
そう いとも簡単に スムーズに出る訳はない、と覚悟はしてました。

その頃は 仕事もしてなかったので、とにかく便意を感じたら
トイレに駆け込み、数十分から1時間単位で トイレにこもってました。

そして、毎日 まずは14日間、が謳い文句の ダノンビオ

これを 食べ続けました。

腸内環境を正常化したかった。

そして、腸が動くようになる、とか言う運動を調べて
必死に 腸を動かす運動を試みました。

確か それで 4ヶ月くらい?

気がついたら ちゃんと出るように なってました。

今度も それで行くか?

でも、お腹の張りや ガス腹の心配がある。

仕事してたら 便意でトイレに駆け込むのは 難しい。

私は 接客業してるので、店をほったらかしにして
トイレに駆け込むことは できない。

そら もう一人 アルバイトの子がいるけど

早くトイレから出てあげないといけないでしょ?

スムーズに出るようになるには 数ヶ月かかる。

何十分も トイレにこもれない。

ここが 今、下剤依存から離れたくても 離れられない
悩みです。

仕事しながら 下剤依存克服の方法 探って行きます。
 
 

スポンサーリンク