二十四節気 「小寒」

スポンサーリンク

 
 
本日 2019年1月6日 二十四節気「小寒」です。
2019年1月19日まで。
太陽黄経285度。

この頃より寒中見舞いをだすようになります。

「小寒」、例年1月20日頃の「大寒」、例年2月4日の「立春」
「小寒」を寒の入り、「立春」を寒の明け と言います。
「小寒」から節分(2月3日)までの30日間を「寒の内」と呼びます。
「寒の内」は寒さが厳しくなるころ。
「寒稽古」「寒中水泳」などもこの時期に行われます。
 

・小寒から4日目を「寒四郎」
この日の天候がその年の麦の収穫に影響を及ぼすとされている。
・小寒から9日目を「寒九」
この日に降る雨を「寒九の雨」と呼び豊穣の兆しとされている。
 

1月7日に「七草粥」を食べます。
その年の無病息災を願う意味をもちます。

春の七草
セリ
なずな
ゴギョウ
ハコベラ
ほとけの座
すずな
すずしろ