MEC食の1つ 玉子とコレが相性良かった

スポンサーリンク

 
こんにちは まぐです。
 
MEC食の1つ、玉子。

簡単に作れて簡単に食べれる、ゆで玉子。

(※最近知った「卵」と「玉子」の違い。特にこれと言う明確な基準等はないそうですが、「卵」は生物学上を話す上で使われることが多く、「玉子」とは食材として使われることが多い鶏のたまごを「玉子」と表記されるとのこと。

‟JA全農たまご(株)ホームページより引用
・生物学的な意味での「たまご」➡卵
・食材としての「たまご」➡玉子
・生の状態のものを「卵」
・調理されたものを「玉子」”

 
この玉子。私ほぼ毎日食べているのですが 
目玉焼きもゆで玉子もとてもおいしい。しかし、毎日続くと 飽きはしないがつまらなく思えてくる。
なんかたまごに合う、たまごの味を引き立たせる そんな食材ないかしら。
もっと たまごをおいしくいただける そんな相性の良い食材ないかしら。
 

で、ふと、定食屋のだし巻き定食を食べた時のことを思い出しました。
 
定食屋のだし巻き定食には、いつも紅ショウガが添えられていた!
そして、それと食べることでより一層食欲が増し、だし巻き卵がとてもおいしく感じられた。
・・・と、そんなうんと昔のことを思い出しまして。
 
紅ショウガと一緒に食べると 食欲わきそう・・・。
紅ショウガなら、たまごと相性合うよ、絶対!
 

で、まず 刻んだ紅ショウガを買ってきました。
そして、玉子を割り入れたボウルに刻み紅ショウガを好きな量入れます。
それに、隠し味で マヨネーズ少々。
そして、フライパンで焼く。

この日は、セブンイレブンで買ってきた 揚げ鶏?としょうが玉子とサラダを添えて 一品完成させました。

いや、素朴だけどおいしかったですよ。(紅ショウガ入り玉子の話。)
家族にも、ウケが良かった。
食事で「おいしい」って5年に一回くらいしか言わない主人も、
「おもしろい味」と言っていました。(笑) ★1つもらった気分。
 
ほら!合うじゃん、紅ショウガとたまご!!
 

スポンサーリンク


 
 
そして、今度はゆで玉子にも。

普通のゆで玉子。

それを、まず、サンドイッチに挟む玉子フィリングのように つぶしていきます。

とにかくスプーンなんかで 適当につぶしていきまして。
それに、塩を少々かける。あとで紅ショウガをかけるから、塩はたくさんかけなくても味が濃くなります。
それにマヨネーズをダダダーっと。お好きな量をかけます。(多めがおいしい)
その上に、好きなだけ刻み紅ショウガをかけます。

これで完成。

これが・・・今ドハマり中でございまして・・・。( *´艸`)
 
いやー紅ショウガくん。今、君にとっても夢中なのだよ。
君はすごい。こんなにも料理を引き立ててくれる。なんて素晴らしいやつなんだ。
今、うちの冷蔵庫を開いた 一番手前のど真ん中に いつも君が座っているよ。

 
・・・とにかくおいしいのです。
私がこの食べ方を始めた途端、子どもも真似して同じ食べ方でゆで玉子を食べ始めた。
刻み紅ショウガがなくなったあとは、その汁が残っている。それもまた、ゆで玉子にかけて食べる。

これ、他の食材にも結構合わせれて、ごはんに紅ショウガってのも まるで漬物とご飯を食べているようにおいしいのである。

よくある食べ方で言えば 焼きそばに紅ショウガ。
チャーハンに紅ショウガ。
たこ焼きに紅ショウガ。

ね、意外と知らないうちに当たり前のように添えられていますでしょ?

で、この前息子がお昼にチャーハンを作ってて。
当然姉にも作ってあげていた。優しいじゃないか、息子よ。
残念ながら私は糖質制限してるから、チャーハンは食べれないのだわ。

その時のチャーハンの写真。

紅ショウガも乗せています。

スプーンにすくいます。

おいしそうですね~❤

 
と言うわけで、今日は たまごに合う食材について でした(*´▽`*)
 
 
スポンサーリンク