下剤では痩せない。

スポンサーリンク

こんにちは まぐです。

私は下剤ユーザーです。
アローゼン2.5gと大黄甘草湯併用してます。
しかし、これだけでは すっと出ません。
これらの薬+人口甘味料です。
私はガム依存症でして ガム(人口甘味料の入ったガム)を食べたらお腹がゆるくなります。(※あくまで私の体質での話です。人口甘味料はあまりおススメ出来ません。真似をしないでください。)
ガムを止めたいのですが ガムを我慢すると異常食欲が爆発するので なかなか止めれません。(こちら→ガム依存症。なんとかしたい)

今日はこういった「下剤」について書いてます。
「下剤」について、昔に少し勘違いしてたことがあって それについてかきたいと思います。

「下剤」で便を出せば、食べたものの栄養があまり吸収されることなく早く外に排出される!!

そんな風に思ってたこともありました。しかし、それはありません。栄養はちゃんと吸収されてます。

そうわかってたはずだけど、なぜか「出さないと太っちゃう」みたいな固定概念にとらわれてて
おなかぽっこりが嫌で
て言うか、その時点ですでに下剤を飲まないと出せない状態になってて。
下剤を手放す勇気がなかった。

世間的にも なぜか『ダイエット=下剤』みたいな図式が出来上がっちゃってますよね。
これはなんでだろう?どうしてこんな風潮みたいな図式が出来上がったんだろうか。

もし、今ダイエット中で これから下剤に手を出そうかどうしようか、悩んでいる方がいらっしゃったなら。
無理に止めるつもりもありません。人それぞれ、個人の自由ですし、私に止める権利もありません。

しかし もし それが私の息子もしくは娘なら 全力で止めます。

下剤では、痩せないよ、と。
そらお腹のモノがすっきり出れば、気持ちもいいし その時は出した分くらいは 体重も減るでしょう。

でも、減るのはあくまで腸の中のモノで、体脂肪が減るわけじゃありません。勘違いしちゃだめです。

便秘で困ってるなら オリゴ糖とか、自分に合った乳酸菌を探させます。
乳酸菌って、どれがその人の腸にあってるか こればっかりは試してみないとわからないので・・・。
乳酸菌を摂って、お腹がごろごろもせず 張ったりガスっぽくなったりせず 
次の日気持ちよくツルンっと出たら。
それが 1週間、2週間続けても 腸が慣れることなくいい感じなら 合ってる証拠です。
もしお腹がごろごろしたりだとか 張ったりガスっぽかったら 多分その乳酸菌は合ってない可能性が高い。
もしくは、ごろごろとかもなくガスっぽくもなく でも1~2週間続けてみて 腸が慣れてしまったら
それも多分、腸に合ってないと思われます。全く無反応な場合も、合ってないと見なします。

腸に合ってる乳酸菌は たとえ1か月毎日飲み続けても、腸が慣れることなく 次の日に気持ちの良いお通じを届けてくれますから。

腸内環境で 人間かなり変わってくると思われます。
腸が、その人のメンタルを決めてる?って言っても過言ではないくらい 
その人の体系をも決めてるって言っても過言ではないくらい それくらい腸内環境って大事です。

腸とホルモンの関係も調べれば調べる程 出てきます。

「痩せホルモン」も、幸せホルモン「セロトニン」も全部 腸が関係しています。

そんなあなたの腸を 下剤なんかでいじめないであげてほしいです。

もっと、いたわってあげて欲しい。

下剤では 痩せません。
私は もし誰かに聞かれたら そう答えます。
 
 

スポンサーリンク