お腹の張りと体調不良ひどすぎてやむなく通院

スポンサーリンク

こんにちは まぐです。

先日から記事にもしていた お腹の張り(こちら→)と、気象の影響による自律神経の乱れによる体調不良がひどすぎて 仕事がお休みの時に病院行ってきました。
なんせ 仕事中のガスだけは何とかしたいのと ここのところの天候不良だけでなく これから先も 低気圧に悩まされない生活を送るために 何か手はないかと相談したくて病院て行ってきました。
お腹が張るせいで 何にも集中できないしそれにより苛立ちが出てくる。なんでお腹の張りのために、こんなにも他のことが手につかなくなるようなことにならなきゃならないんだ、と。
仕事中もだし、さらにガスっぽくて本当に困る。
低気圧は もう数十年悩んできて 仕事にも差し支えるし生活にも異常をきたしている状態。
6月なんかは、毎年身構えてしまいます。(こちら→6月の体調不良)
ほんとになんとかしたい。いや、なんとかせねば。
天気で毎日の自分の生活が左右されるのは、もう嫌だ。

そう、お医者様に話しまして。
常用薬が増えることになってもいいから なんとかしたい。
そうしたら、1度漢方薬で様子を見てみよう、てことになり。
桂枝茯苓丸、大黄甘草湯を処方してもらいました。

漢方は続けて初めて効果がでてくる。即効性はないので、続けてみないことにはわからない。
即効性ほしいとこだけど・・・。
とにかく 効果が出てくれることを信じるのみ。ほんと、生活にまで支障が出てしまっているので、ほとほと困っている。

大黄はよく聞く名前で、便秘薬のようです。
桂枝茯苓丸は主に更年期による体の不定愁訴を緩和してくれる漢方薬のようで。。。
うぎゃ・・・更年期、という言葉がついてまわる年齢に差し掛かってきたのね。(-“-)
誰も年の瀬には逆らえない。
誰もが通るみち。そう、仕方ない。

しかし、おかしい。私、この体調不良はもう10年近く付き合いがあるわけで。
頭痛に至っては 30年以上の付き合いがありまして。
更年期の症状ではない。

まあいい。なんであれ、効果があればいい話。
体調さえよくなってくれたら もう、それでいいの、更年期だろうが何だろうが関係ない。
年齢も、気にしない。体が元気。こころが元気。それに勝るものはない。
いつも頑張ってくれてる自分の体に感謝です。いつも、不定愁訴に耐えてくれて、感謝。
こういう体質なのだから 薬ともうまく付き合っていきます。

自分でできる、早寝早起きとか適度な運動とか食事とか 耳のツボとか 全部やった。今もやっている。
それに、プラス薬の力を借ります。