二十四節気「秋分」

スポンサーリンク

こんにちは まぐです。

本日、9月23日は秋分の日です。
9月23日から寒露の前日の10月7日まで。太陽黄経180度
天の赤道と黄道がちょうど交差したところが黄経0度(春分の位置)。
その真反対が、秋分の位置である黄経180度です。

秋分の日は、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。
この日を境に日の出が遅く、日の入りが早くなります。
この秋分の日の前後3日間、計7日間は秋の彼岸になります。彼岸は、先祖の墓参りをする習慣がありますね。

暑さ寒さも彼岸までとありますが 春分の日の頃に寒さが和らぎ、秋分の日の頃に暑さも和らぐと言う意味を表した言葉であります。

二十四節気とは 立春、春分、立夏、夏至など 季節を表す言葉として用いられます。
太陽の動きをもとにしていて、太陽が移動する天球上の道を黄道と言い、黄道を24等分したものが二十四節気です。