アロマとクリーム香、嗅覚の話。

スポンサーリンク

こんにちは まぐです。

今日はどうも、気分がだるくて アロマを嗅ぎながらのパソコン。

先日記事にした後、買ったアロマオイル。(こちら→)
結局、家にあったオイルだけでは少なくてすぐなくなりそうなので買い足しました。
今回購入したのはこちら。

色々と、ブレンドされた香り。
このブレンドアロマには 
グレープフルーツ
スイートマジョラム
ベルガモット
真正ラベンダー
フランキンセンス
ホーウッド
コリアンダー
がブレンドされていると書かれています。

好きな香りばかり・・・(*´ω`*)
そして、抗うつ作用のあるアロマのブレンド。
グレープフルーツは食欲抑制効果があるらしいけど、私にはあまり効果なさげ。(*´з`)

ちょこっとティッシュに垂らして香りを楽しみながら パソコンぽちりぽちり。

他にもネロリの香りも好きですが、ネロリはちょっと高値なのでなかなか手が出ませんね。

そしてもうひとつ いい香りのモノを傍に置く・・・じゃなく、ふんわり香らせる。
香クリームと言われるモノ。てのこうに塗り込んで、甘く優しい香りが心を穏やかにします。

練香水。白檀が心地よい香りを漂わせてくれます。

香りってダイレクトに脳に届く感じ。
視覚や聴覚などの場合、視覚野・聴覚野という一次中枢が大脳新皮質にあり、ここで見たり聴いたりしたことを認識したのちに大脳辺縁系へ刺激が伝わります。嗅覚以外の感覚は間脳の視床を経由して脳内のそれぞれの場所へ伝達されるのです。
嗅覚だけは、視床を経由せずにダイレクトに大脳皮質の前頭葉の嗅覚野と側頭葉の辺縁系に伝達されます。
進化的理論で言うと大脳辺縁系は脳の最も古い部位のひとつで、魚類ではすでに辺縁系を持っていたと言われています。
進化するとともに大脳新皮質が辺縁系を取り囲むように成長をとげ、今に至ると言われています。
嗅覚は、人間の進化において 五感の中でも早期に発達した「原始的」とも言われる感覚。

なんか、嗅覚って特別な感覚だなあ、と思う。
人間の感情とか、情動の部位も大脳辺縁系にある。
嗅覚と情動って、切っても切り離せない感じがします。

アロマテラピーって不思議。
香りって、嗅覚って 神秘的。

 

スポンサーリンク