ダイエット

MEC食。チーズは太る?太らない?

 
 
チーズ。

チーズは太る?太らない?
そんなのわかんないよ。適度に食べてりゃ太んないし、大量に食べれば太るでしょ!
そんなの、どんな食べ物でも一緒ですよね!!
 
 
チーズって糖質制限中の人には すっごくありがたい食べ物です。
そう、チーズは 糖質がとても低め。
しかし脂肪分と塩分は結構ある。
・・・チーズって、太っちゃいそうじゃない?

今回はそのチーズについて さらに踏み込みます。
 
 
 

チーズは糖質が低い

チーズは、とても中毒性の高い食べ物だってこと知ってる?

それは前回の記事にまとめてます。是非、読んでくださいな。
(こちらの記事→カゼイン。チーズは中毒性が高いって)

 
 

 

糖質を制限すると痩せるって世間では言われてますね。
そう、今流行りの糖質制限ダイエット。
 
実際痩せた方もたくさんいるようです。
この糖質制限が健康的なのかどうかはさておき、
食べないダイエットを考えるとこの糖質制限ダイエットは糖質だけを減らしていればいいので
飢餓状態になることもなく健康的であるな、とは思いますね。
 
 

ワタシはいっとき糖質制限の崇拝者でした。
そう、何かにとり憑かれたかのように・・・
 
それまでは食事量を減らしたりカロリー量の大きそうな食べ物を避けるという
無知で一番しちゃいけないダイエットをしてまして。
それはそれはもう厳しく制限していて
かなりストイックでして

と共に、毎日ハードな筋トレをして自分をかなり追い込んでおりました。
要するに、エネルギー不足でしょう。
身体全体がやつれました。
 
 
 

こんな状態長く続きません。無理なダイエットしたことある人ならわかると思います。
食事を我慢するダイエットなんて続かない。無理な運動なんて続けられない。
 
 
MEC食に出会ったのがちょうどこの頃。

MEC食との出会い

MEC食に出会えたおかげで爆食いに走ることなく済みました。
ただ異常食欲だけはいまだに消えませんが。
 
 
やつれた体が栄養を得て、少し見た目が健康的になりました。
MEC食にするようになって 食に苦しまなくて済むようになりました。
本当にMECダイエットは素晴らしい。つらいダイエット中の人の救世主。
 
 
 

その頃ベビーチーズを一日 何個も何個も食べていました。
食事の度に おやつに その他小腹がすいた時に。
こんなに食べて大丈夫?心配になりますよね。

 
 

食事を我慢しなくていい。
けど最近なんか体重いなあ。

他の人はわかりません。あくまで私の場合。
MEC食をすることで 体が重く感じるようになりました。

 
 
チーズはなかなかの塩分量がありそう。
たまごも、味付けに塩分使いますね。

この塩分で体がむくむようになったのか。
いやいや、単にMEC食でばくばく食べて太ったのか。
 
 

ネットサーフィンしてみると、
チーズは脂肪がたっぷりなので 太りますよ、と
書かれているページもあります。

かと思えば チーズは ダイエットにもってこいな食べ物である、とか
そんな検索サイトも結構あったりする・・・。

その先日書いた記事の通り(カゼイン。チーズは中毒性が高いって) 
MECダイエットの一つとして
あげられているチーズ。
その著書も読んだことあるのですが

こくらクリニック院長 渡辺信幸医師

肉(MEAT) 卵(EGGS) チーズ(CHEESE)の
頭文字をとって MEC

肉、卵、チーズには 肥満の原因になる糖質はほぼ含まれていない。

お腹がすいたら 一口30回噛むならいつ食べてもいい。
我慢することなく、満腹になるまで食べても太ることはありません。

と、書かれているのです!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肉・卵・チーズで人は生まれ変わる [ 渡辺信幸 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/1時点)

スポンサーリンク

 

MEC食は、肉、卵、チーズを食事の中心にして一口30回
よく噛んで食べる という、健康食事法。

 

内容は 読んでいただいたらわかると思うのですが

この3品目で、必須栄養素はほぼ満たされる。(全部ではない。)
必須栄養素で満たされることにより、脳も体も満足し、過剰な食欲が自然とおさまる。
なので、健康食事法であり、ダイエット効果もある、ということ。
おなかがすいたら、一口30回噛むのであれば いつでも食べてもいい。

 

簡単に言うと、そんな感じの内容ですね。

もともとダイエット目的で書かれた本ではなくて、
1人の医師が患者の病気の予防として行った食事法。
 

ぜひ ご一読くださいませ。

で、結局どうなのよ。

チーズは、太るの、太らないの?

 
 
 
そのこたえは・・・
 
 
 

わからない。((笑)

 
 
 
でも。しかし。
 
 
カロリーとして考えてみよう。

例を挙げてみます。
 

 
QBBベビーチーズ。

一個当たりのエネルギーは50kcal
脂質は3.0g
炭水化物は0.2g
ナトリウムは154mg

カロリーを見てみよう

 

 
一般的に、成人男性で一日に最低限必要なエネルギーは2200kcal±200kcal。
成人女性は1400kcal~2000kcal。

これは普段の活動量が少ない人を基準にしていて、活動量のレベルは以下のように3つの段階に区別されている。

高い・・・立ち仕事、動き回る仕事、筋トレやスポーツなどの運動習慣がある。
普通・・・座っていることが多いが、軽い運動、散歩、通勤などをする人。
低い・・・自宅・職場いずれもほぼ座りっぱなしのことが多い人。

 
 
 

しかし男性の方が明らかに必要エネルギー大きいですよね。それだけ、女性と比べて筋肉量が多いということなのかしら。
男性は2200kcal前後。女性は1700kcal前後。ということになりますね。

自分は普段まあまあ運動してるよ!って人はもう少しエネルギー量を増やしてもいいでしょう。
 
 

でもねえ・・・1食だいたい500kcalの計算にすると 1日3食で1500kcalいっちゃいますね。
ご飯茶碗に軽く普通盛りのご飯一膳で約230kcal。
おかずのエネルギーを足せば、500kcalなんて簡単に超えてしまうよね。
それを考えると、一食500kcalなんてほぼ無理に等しい。

ダイエットにカロリーは関係ない!って話もたまに耳にしますが
果たしてそれは本当なのか、怪しいところで 実際のところはわかりません。

となると やはり無視はできない、チーズのkcal。

 
たかだか50kcal。されど50kcal。

たくさんカロリーを摂取したな、と思う時はやはり控えた方が良いし、そのまた逆の場合もありなのではないだろうか。
 
 
以前もブログ上に書きましたが、

どんな良い食材でも

まんべんなく。

バランス良く。

ほどほどに。

 
 
やはり、ここに行き着きます。

結局これにつきます。
 
 
 
私はそう思っています、今のところ。
 
 
 
そして、塩分。

塩分も、やはり無視はできません。
塩分を摂りすぎると、体は体内の塩分量を調節するため、水を欲しますね。
身体とは なんてよくできているんでしょう。ちゃんとバランスを取ろうとしてるなんて。
すばらしい。もっと、自分の体をいたわってあげたいもんです。

そう、水を欲して水分をたくさん摂り、体は水分代謝をうまくできず
むくみます。
水分代謝がうまく回ればいいですが、たいがいの場合むくんじゃうって方が多いように思います。

ほかにも塩分の摂り過ぎは様々な不調を引き起こします。
塩分の摂り過ぎには くれぐれも気を付けたいものです。
 
 
チーズを食べなくったって、現代社会での食事には、多量の塩分が使われています。
その塩分量だけでも多いくらいかと思うのに、さらに塩分を好んで摂ることもないでしょう。
 
 
 

結論

チーズは、
たくさん食べれば太るかもしれない。

 
 
 
だから、くれぐれも食べすぎないようにしよう。

あくまでも、ワタシ個人の考えです。ご了承くださいませ。
 
 


ABOUT ME
かめ
かめ
こんにちは まぐです。 長年の頭痛持ちです。現在、ブレインフォグ、鬱 摂食障害 過食症と闘っております。そんな日常を 綴っていきたいです。 サプリメントやスーパーフードが大好きです。 よろしくお願いいたします。