筋トレさぼりすぎ・・・そんな時スクワット!

スポンサーリンク

こんにちは まぐです。

最近 マジ筋トレさぼりすぎ。やばい?

前はストイックに毎日必死にやりすぎてたから・・・こんなにやらないのは筋トレ始める前以来で 少々不安。
不安と言うより せっかく鍛えた筋肉、痩せてしまったんじゃないだろうか。
あんなに苦労して 腹筋や上腕筋やら(上腕筋てどこや?)背筋やら 
筋肉痛と闘いながらそれでも毎日コツコツ積み上げてきたのに・・・。

そんな時こそ、HIITがあるじゃないか!!

HIITとは高強度インターバルトレーニングのことで、短時間に高強度の運動をし、少し休み、また高強度の運動をする、を繰り返して行うトレーニングのこと。短時間で心肺機能と筋力を高めることのできるとてもすごいトレーニング。
詳しくはこちら→で。

・・・しかし、この頃の私ときたら 一回パソコンの前に座ったら最後 全然立たない。
HIITすらする時間すらなくなるまで座りっぱなし。
気が付けばもう お風呂&晩御飯の支度をしなくちゃいけない時間。ぎゃぼん。

もうかれこれ 2週間は腹筋も腹筋ローラーもしていない。
昨日、さすがにやばいかなと、腹筋ローラーでごーろごーろしましたら
最初の体制から一発目で、お腹が 
ブチッ

・・・きた~お腹ブチブチ。
も~なんなのさ、これ。

少ない回数で効果を得ようと立ちコロでやりましたが お腹ブチのせいで10回程度しかできず。

筋トレしてなくて筋肉が減るのが嫌で、とりあえず毎日 ジャンプと10~20回のスクワットだけはしてました。
しかしそれだけではねえ・・・(;´Д`)

けど積み重ねも大事なのです。
少ししかしないから意味がない、だからやらない ではなく
少ししかしなくても 全くしないよりマシ なのです。
もし、その時にやる気がでれば 回数を増やせばよし。
ストイックにならず、今はそういう考え方でやってます。
もしそのままやる気スイッチはいればラッキー♪続けて軽く、HIITしちゃえばいいのです。
それに、腹筋より、スクワットの方がエネルギー消費多いというし。
・・・回数はそんなにできないけどね。
腹筋の方が まだ楽だな。

スクワットは、体の中で1番(2番?)目に大きい筋肉を使うので、鍛えればエネルギー消費がアップするのです。

スクワットで鍛えられる筋肉

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)・ハムストリング・大臀筋(だいでんきん)、下半身から腹筋・背筋、インナーマッスル、脊柱起立筋など。
大腿四頭筋とは、4つの部位の筋肉を総称して大腿四頭筋と呼びます。いわゆる太ももの前の方の筋肉です。
大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋が大腿四頭筋です。総面積では体の中で一番大きい筋肉です。(4つの筋肉の面積を合わせた場合)
大臀筋はお尻の筋肉で、大きい筋肉です。大臀筋は、これ単体で、体の中で一番大きい面積になります。

スクワットは、これらの大きい部位の筋肉を鍛えることができます。

スクワットのフォーム

スクワットの基本的なやり方です。
・足を開く。狭ければ大腿四頭筋や中臀筋に負荷をかけることができるし、足幅が広いほど大臀筋や内転筋に負荷をかけることができる。
ここでは 基本として肩幅くらい開くのがいいです。
・ひざを固定。しかし、多少は ひざは前後します。ひざを完全固定してしまうと重心が後ろに傾きやすくなり、倒れてしまいます。
・ひざがつま先よりも前に出ないようにする。
・腰・背中を丸めない。
・重心は足裏全体にかかるようにします。
・腕を胸の前にあげてバランスをとるとやりやすい。

この状態をキープしながらゆっくり腰を落としていき・・・(息を吸いながら)
ゆっくり腰を上げていく。(息を吐きながら)

とにかく、スクワットはいろんな部位を鍛えられるのではっきり言ってオールマイティーな筋トレです!
スクワットは基本的なやり方以外に 色々バリエーションを加えることでさらに筋肉に刺激を与えることができます。
ジャンプスクワットやバーベルを持ってのスクワットなど、筋肥大の効果も高いです。

最近、筋トレをさぼってるな~という方!
ちょっと お手洗いに、と席を立った時 ついでにスクワット10回とか、どうでしょうか。